蒲生八幡神社

日本一の巨樹「大クス」

  • ホーム
  • 日本一の巨樹「大クス」

樹齢遥かに、天を突く。

神々の宿る日本一の巨樹

  • 蒲生八幡神社 大楠01
  • 蒲生八幡神社 大楠02
  • 蒲生八幡神社 大楠03
  • 蒲生八幡神社 大楠04
  • 蒲生八幡神社 大楠05
  • 蒲生八幡神社 大楠06
  • 蒲生八幡神社 大楠01
  • 蒲生八幡神社 大楠02
  • 蒲生八幡神社 大楠03
  • 蒲生八幡神社 大楠04
  • 蒲生八幡神社 大楠05
  • 蒲生八幡神社 大楠06

- 国指定特別天然記念物「蒲生のクス」 -

日本一の巨樹

国指定特別天然記念物

日本一の巨樹「大クス」について

「蒲生のクス」は、昭和63年度に環境庁の巨樹・巨木林調査によって、日本一の巨樹である事が証明された。樹幹の下部には凹凸が多く、内部には直径4.5m(約畳8畳敷)の空洞がある。枝はりは四方に広がり、その壮観な様は、まるで怪鳥が空から降り立ちたったようである。

保安4年(1123年)に蒲生院の領主であった蒲生上総介舜清【かもうかずさのすけちかきよ】が、豊前国宇佐八幡宮を歓請して、この地に正八幡若宮(蒲生八幡神社)を建立した。その時すでに「蒲生のクス」は神木として祀られていたという。伝説では、和気清麻呂【わけきよまろ】が宇佐八幡の信託を奉上(ほうじょう)し、大隅に流された時に蒲生を訪れて、手にした杖を大地に刺したところ、それが根付いて大きく成長したものが「蒲生のクス」だとも言われている。